手のかからないお庭♪

千葉県船橋市 T様邸 リニューアル工事の事例

斜め前のおうちの工事をしている時に奥様に声をかけていただきました。まずは抜根からのスタートですが、大きい立派な木です。メンテナンスが大変とのことで苦渋の決断をされたとのことです。手のかからないお庭がテーマ!車も止めたいからと既存ブロックを少し切り間口を広げました。全面コンクリートでは少し味気なかったので高低差もつけて車止めにもなるようにしてみました。お庭で何か出来るスペースをと思い、インターロッキングを敷くことをご提案。初めは何もしないと言っていたのですが、様子を見に行ったらお庭で娘さんとランチしてくれていて、せっかくだしとおっしゃってくれたのがとてもうれしかったです。伸縮門扉で手違いがありお待たせさせてしまい申し訳ございませんでした。ご理解していただきありがとうございました。

目隠しにもなっていた植木たちですが、ちょっと大きくなりすぎた感があります。

道路にはみ出したり、お庭のスペースまで奪ったりしてしまっては本末転倒です。

こちらは、普段は目につかないおうちの脇の砂利敷き部分。皆様のおうちはどうなっていますか?

今までありがとう!と手を合わせてからユンボを使って抜根していきます。

木がなくなったら、すっきり青空が見えました。お庭の全体像もはっきりしたので再度寸法を測って整地していきます。

おうちの脇の雑草を抜いて、平板等も取り除きます。防草シートを敷き、砂利敷きします。

植木の代わりに目隠しフェンスを取り付け、足下はインターロッキングを市松模様に敷きました。

ブロックも切り間口を広げたので、伸縮門扉もサイズをあげ、もう一台駐車可能になりました。